elac_newsub
 
Trend   News

 
Online Store

yukimu_onlinestore

 

Web Catalog

wcb_ns16 wcb_inakustik

 

Company & Support

お問い合わせ

会社概要

カタログ表記の訂正

生産完了のご案内

生産完了モデル一覧

 

Special Contents

academic
award2015
debut
sonic
 

マイスターが手がけたスーパー・エントリー
Debut シリーズ 発売のお知らせ

   

スタイラス・クリーニングの新定番
振動型クリーナー「SONIC」発売のご案内

 
 

数々のブランドでスピーカー開発を手がけてきた名エンジニア、アンドリュー・ジョーンズが新たにELACに籍を移し、新スピーカー「Debutライン」を開発しました。ジョーンズによってデザインされた新たなトゥイータとウーハーを採用。これまでのELACが培ってきた技術力とジョーンズの手腕が見事に融合、コスト的制約のある中であってもあらゆる可能性が追求されており、エントリーレベルでは類を見ないストイックなスピーカーが誕生しました。
Debut ラインは独ELAC社の方針により、特約店のみでの取り扱いとなります。

   

ドイツのアナログ・ブランドFLUX HIFI(フラックス・ハイファイ)社製、振動型スタイラス・クリーナー「SONIC」を10/24より発売いたします。
レコード再生の重要なポイントであるスタイラス(針先)は、再生するたびに想像を超えて汚れが付着していきます。「SONIC」は専用のクリーニング液「FLUX FLUID」と振動するブラシパッドにより、汚れたスタイラスを徹底的に洗浄します。
また、新しいカートリッジのエージングにも利用することが可能です。アナログ再生を愛する全てのファンにとって注目のアイテムが登場しました。

 

sb_thequp
super_titta
 

簡単設置で確実な効果をもたらす
オートアームリフター「The Q UP」発売

   

Carot One ロングセラー・イヤフォンの
上位モデル SUPER TITTAが登場

 
 

Q UPはレコード再生終了時にトーンアームを安全に持ち上げるアクセサリーです。
マニュアル操作のレコードプレーヤーにフィットするデザインを採用しており、設置には特別な工具や準備を必要としません。トリガーとリフターのみのシンプルな構造のため、多様なレコードプレーヤーに合わせやすいのも特長です。リフターの強度調整、トリガーの感度調整も可能となっており、軽いタイプから 重量級まで幅広いタイプのアームに対応しています。

   

一度見たら忘れられないデザインと個性的かつ魅力的なサウンド。2011年にイタリア・ナポリからやってきたCarot One (キャロット・ワン)のロングセラー・イヤフォン「TITTA」に上位モデルが登場しました。SUPER TITTAは14mmのウーハーと5mmのトウィータを搭載、さらにROCK、JAZZ、CLASSICの3つのイヤーキャップを交換することで、音色の違いを楽しめるユニークなモデルです。キャップは簡単に取り替えることができ、お好みで、気分で、自由に選んでいただくことができます。また、iPhoneやAndroid端末を操作できるリモコンが付属しており、スマホなどでの音楽再生が増える環境への対応にも抜かりがありません。

 

nf2404
delphi6_gen2
 

inakustik リファレンス・シリーズ
NF-2404 RCA/XLR 発売のお知らせ

   

第2世代へと進化した名機
Delphi Mk6 Gen-2 発売のお知らせ

 
 

ドイツのケーブルブランド、inakustik (インアクースティック)より、画期的なケーブル構造「Air Helix Structure」を採用したハイエンド・インターコネクトケーブルが発売されました。同社の最上位グレードとなるREFFERENZシリーズからのリリースです。

信号伝送における最良の絶縁は「空気」であるとのコンセプトからNF-2404の開発は出発しました。信号伝送速度の均一化を徹底したハイ・スピード・シグナル導体を採用。高度なケーブル理論とノウハウはハンドメイドの手作業にて、ひとつの製品として完成されます。インアクースティックのリファレンス・シリーズは全て、厳しい品質基準をクリアしたことの証左である製造担当者の手書きサイン入り保証書が付属します。

   

オラクルを象徴するターンテーブルの名機「Delphi Mk6」が、ジェネレーション2へと進化を遂げます。

新しい「Delphi Mk6 Gen-2」では、振動を効率的に分散し、さらに安定した回転を得るためプラッター部をセンター・ハブとアウター・プラッターの2ピース構造に改良。その他にも、モーター・ドライブのトルクアップ、電源部「ターボ・パワー・サプライ」のDCリップルの低減などの対策を採用しました。
一見して小さな変化と思われる改良の中にオラクルの限りない音質追求のノウハウを凝縮、Delphi Mk6の音質はさらに飛躍的な進化を遂げています。