生産完了モデル一覧へ戻る


Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player



■クリックで手動切り替え         拡大写真  - 1 - 2 -
 

2006年、ドイツエラック社は80周年を向かえます。1926年にドイツ、キールにて設立されて以来、ターンテーブルでの成功や、特許も取得していたMMカートリッジでの成功を経て、1980年代からはドイツにおけるスピーカーメーカーの雄として現在にいたっています。近年はカートリッジ製作で培ったノウハウをユニット開発に最大限活かし、オリジナルユニットの生産からキャビネットまで一貫生産できる数少ないメーカーとしての名声を世界で築き上げてきました。 またルームアコースティックの研究にも力を入れており、データ解析によるスピーカー製作を徹底。創られる製品にはジャーマン・フィデリティが宿っています。

スピーカーメーカーとして世界的地位を確立したエラックが80周年を記念して開発した[FS210A]と[BS203A]。AはもちろんAnniversary。 世界的なヒットシリーズとなった200LINEに2種類のアニバーサリーモデルが登場です。エラックの代名詞とも言えるハイル・ドライバーを発展させたJETを搭載した最もコストパフォーマンスの良いモデルとして人気のBS203.2JET。エラック自慢のパルプ・アルミハイブリッド・ウーハーももちろん搭載し、そのキャビネットの造りの良さからもBS203.2JETがエラックの入門機としての枠を超えたパフォーマンスを持つことに疑いを持つ方はいないでしょう。

203の名前を冠したアニバーサリーモデルは期待に違わぬ出来となりました。ハイグロス・フィニッシュで仕上げられたキャビネットは、外観だけでなく、内部は203.2にはなかった補強が施されています。また、ネットワークの見直しも行われています。使用状況を考え、低域をコントロールできるベース・コントロール・プラグ(スポンジタイプ)も見直しが行われており、セパレートタイプを採用。細かなことですが、ユーザーのセッティング状況まで考慮したユーザーフレンドリーな設計と言えるでしょう。

80年記念という名前を冠した[BS203A]。サウンドパフォーマンスはもちろん、デザイン、フィニッシュに到るまで、これから新たに始まるエラックの快進撃を予感させるアニバーサリーモデルの登場です。


 
 
 
   新たにキャビンネット構造を強化(赤色部分)よりタイトな低域を獲得    使用状況にあわせて低域をコントロールできる分離型ベースコントロール・プラグ  

 
型番
ELAC BS 203 A
形式
2ウェイ・バスレフ
ウーハー
150mmパルプ / アルミ・ハイブリッドコーン
トィータ
JET III
クロスオーバー周波数
定格60W / 最大80W
周波数特性
42 - 50,000Hz
能率
86dB
インピーダンス
サイズ
H285×W170×D232mm
重量
5.2 kg
備考
○防磁仕様 ○バイワイヤリング・ターミナル
仕上げ
HB(ハイグロス・ピアノブラック) / HW(ハイグロス・ホワイト)
価格
¥150,000(税別) / pair
専用スタンド
LS STAND70HB ¥50,000(税別) / pair
LS STAND70HW ¥50,000(税別) / pair

Copyright c Yukimu Corporation. All Rights Reserved.