YUKIMU
 
 
 
 
生産完了モデル一覧へ戻る






2007年1月に登場し瞬く間にエラックのトップセールスシリーズへと成長した240LINE。BS243/FS247からスタートしたこのラインナップは、その後FS249 / FS248 を順次発売し、センタースピーカーのCC241、サブウーハーであるSUB2040を加え、ステレオ再生、マルチチャンネル再生の垣根を超えたシリーズとして多くの方にご支持いただきました。

5年目にして初のモデルチェンジを果たした240BE(BLACK EDITION)の名前の由来はもちろんブラックに統一された概観から来ています。ブラック塗装のトィータリングを纏ったJET3トィータに、ブラック・アノダイズ処理を施したAS-XRユニット。シリアルナンバーを記載したシルバープレートの採用など細かい改良点も相まって、240BE LINEの概観は見る者全てに圧倒的なパフォーマンスを予感させます。

クリックで拡大表示
 
240LINEで好評だったサイズやサウンド作り、デザインはそのままに、クオリティアップのみを果たしているのは如何に240LINEの完成度が高かったかを証明しているようです。今回のモデルチェンジのトピックはFS247SEの音質の決め手となっていた生産が非常に困難な空芯コイル(ハイパワー・エアーコイル)の量産に成功し、シリーズ全体に採用した事にあります。FS247とFS247SEのパフォーマンスの違いをご存知の方はこの採用が如何にサウンドに貢献しているかはすぐにわかっていただけるでしょう。
クリックで拡大表示
 
FS248BEは、FS247BEと同じ170mm本体幅で、上位モデルFS249BEよりもわずかに背の高い、スリムタワー・スピーカー・システムです。JET3トィータの下に、FS249で採用された140mm AS-XRミッドレンジ・ドライバーを搭載。3基搭載された150mmウーハーは雄大なスケールとスリムな概観を同時に実現しています。もちろんBE LINE自慢のハイパワー・エアコイルの採用で飛躍的にサウンドパフォーマンスが向上しているのは言うまでもありません。

優秀な特性と精度を保証するELAC自慢の自社製ユニットが叶える高純度再生がここにあります。



型番 ELAC FS 248BE
形式 3.5ウェイ・バスレフ(防磁)
ユニット JET3×1、140mm BLACK AS-XR×1、150mm BLACK AS-XR×3
能率 89.5 dB
インピーダンス
周波数特性 30 - 50,000Hz
クロスオーバー 180 / 450 / 2,500Hz
入力 定格150W/最大220W
サイズ H1173×W230×D368mm
重量 24.3kg
仕上げ ハイグロス・ブラック(HB)
備考 バイワイヤリング・ターミナル仕様
価格 \540,000(税別)/pair

Copyright c 2000-2007 Yukimu Corporation. All Rights Reserved.