SUB2090

hivibb2016w

sub2090

PROFILE

驚くほどスマートに使いこなせる。直感的で幅広いデバイスに対応したアプリ・インターフェイス。2015年に登場したELACのサブウーファーSUB2050、SUB2070は正に画期的なサブウーハーでした。iPhoneやiPad、Android機器と簡単にペアリングし、試聴ポジションから調整を簡単に行う事が出来るメリットは、感動的ですらあります。このELACのアプリは無料でダウンロードすることができ、現在でもアップデートが続いています。

SUB2050/SUB2070の登場からおよそ1年。フラッグシップモデルSUB2090の登場です。ELACは大口径のユニットを用いたスピーカーの開発にいつも慎重です。それはELACの代名詞でもあるJET トィータとのマッチングが取れない、すなわちスピードの遅い低域はELACにとって不要であるからです。サブウーハーとなればさらに重要度は高まります。SUB2090の開発はSUB2050 / SUB2070と同時期にスタートしました。しかしその完成にはさらに1年の年月を要しました。300mm×2をプッシュプルで配したASコーンユニットを確実にドライブするためのアンプの開発。膨大なエネルギーを受け止めるために強化された密閉型のキャビネット。SUB2090が再生する「空気そのものが震えているような、サウブウーハーの存在感を感じさせない重低音」を体験すると、ELACがさらに費やすこととなった年月が、大きな成果となってあらわれていることを実感していただけると思います。

もちろん、SUB2050/SUB2070で実証されたアプリ・コントールの威力はSUB2090でも引き継がれており、ELAC製のスピーカーだけでなく、いかなるスピーカーとも完璧なマッチングをお約束します。 新しいELAC SUB2090サブウーファーはRCAケーブルによる信号入力に対応するほか、フラッグシップに相応しく、XLRケーブルによる信号入力にも対応。 SUB2090 の登場によって、ELACのサブウーハー群は盤石のラインナップとなりました。

サブウーファーの調整をさらに簡単に。
Subfoofer with BLE control

ELACのサブウーファーは、直感的で幅広いデバイスに対応したアプリベースのコントロールを採用し、調整が驚くほど簡単です。bluetoothによりあなたのiPhone、iPad、Android機器とペアリングされ、簡単な操作で環境に応じたベストな調整を行うことができます。このELAC 「SUB Control」Appは無料でダウンロードでき、特別なネットワーク接続を必要とせずにサブウーファーとダイレクトにつながります。

複雑で扱いにくい調整はいりません。ユーザーがサブウーファーの背面に回り込んで悩む必要がないのです。例えば、ゆっくりと誰にも邪魔されずに低域をきかせて映画を楽しみたいとき、または隣人への気遣いを求められる深夜であっても、このELAC 「SUB Control」アプリのプリセットモードが指先一つでその各状況に応じた設定を自動で行います。モードは、“Normal”、“Music”“Cinema”“Night”の4モードを用意。プロオーディオ機器で採用されているパラメトリック・イコライザー、ローパス・フィルターといった機能も搭載。電源のオートオン/オフの設定もこのアプリで設定が可能です。

app1 app2 app3 app4

SUB2050、SUB2070にて採用された画期的な機能「オート・キャリブレーション(自動音場補正)」も、SUB Controlアプリの改善によりさらに使いやすく進化しました。

iPhone、iPad、Android機器のマイクを利用し、サブウーハーから発するテスト音声信号を採取。使用する部屋のボリュウム、周波数特性、音の反射量を測定し、アプリが正確にデータを補正し、完璧な調整を自動で行います。しかも低域(20Hz-160Hz)のみで16バンドという細かいセッティングを実現しています。これは高級AVアンプに備わっている調整機能のおよそ三倍の数値です。

「誰もが簡単に理想のサウンドを得られる」
ELACが掲げるこの言葉は、独自技術に裏付けされた自信の表れなのです。

このことは「誰もが簡単に理想のサブウーハー・サウンドを得られる」事を意味しています。

新しいELACのサブウーファーはRCAケーブルによる信号入力に対応するほか、スピーカーケーブルを利用してダイレクトにレフト、ライト、センターのスピーカーと接続が可能です。

THE“SUB CONTROL APP”

 sub_control avairable_itunes avairable_play

ELAC 「SUB Control」Appは従来のデジタル・シグナル・プロセッサー(DSP)に代わる先進のデジタルコントロールとアナログのロータリー式のポテンショメーターを複合した操作性を実現し、あなたのサブウーファーの調整を、より快適かつ実践的に変化させます。ボリュームや周波数のカットオフ、位相切り替えなど、全てのパラメーターは、オート・キャリブレーション(自動音場補正)と同様にこの無料のアプリで調整することが可能です。
このデジタル・コントロール・システムは予期せぬ調整のずれや、ミスセッティングをなくす画期的な調整方法です。

注意
・本アプリ「SUB Control」AppはELACのサブウーファーのコントロールに特化したものであり、その他の複雑なホームネットワークを必要としません。操作は、Bluetoothを利用したシンプルなものです。
お使いの機器に応じてアップルのApp StoreやグーグルのPlay Storeより、「SUB Control」Appのダウンロードをお願いします。
・“ELAC”または“SUB CONTROL”で検索後、上記のアイコンが表示されますので、指示に従ってお使いの機器にインストールをお願いします。
・お使いの機器が、Bluetooth Standard4.0 (Androidの場合は、かつAndroid4.3以降)に対応していることをご確認ください。このバージョンは2013年半ば以降の機器が対応しています。必要に応じて、事前にお使いの機器のbluetoothバージョンを製造者に確認されることをお勧めいたします。

sub2070rear

Specification

型番 SUB2090
形式 アンプ内蔵型サブウーハー(2ウェイ・アクティブ/密閉型)
ユニット 300mm AS CONE×2
カットオフ周波数上限 40-150Hz
周波数特性 17Hz-180Hz
アンプ部 最大1200W
入力 LFE(RCA)×2、LFE(XLR)×2、SPEAKER×3
サイズ H533×W470×D470mm
重量 40kg
仕上げ ハイグロス・ブラック
価格 ¥500,000 (税別)